ニュース

しみケアを化粧品で行う方法

紫外線や加齢でできるシミ、お悩みの方は多いのではないでしょうか。「増える一方」、「メイクで消せない」などさまざまなお悩みがあるかと思いますが、シミは一度できるとなかなか消えません。しかし毎日適切なケアを続けることでシミの予防や、既存のシミを薄くすることは可能です。

今回はシミにお悩みの方が化粧品を選ぶときのポイントについて解説します。

 

 

シミの原因

そもそもシミはなぜできるのでしょうか。紫外線・炎症(ニキビなど)・摩擦など物理的刺激の積み重ねなどの刺激で、メラノサイトでメラニンが作られます。必要以上に作られたメラニンが肌の表面に現れたものがシミです。他にもホルモンバランスの乱れ、活性酸素もメラニンの生成を促進することが分かっています。また内臓機能の低下による色素異常が原因のシミもあります。このようにシミの原因はいくつかあります。

 

美白有効成分

普段のスキンケアでシミをケアしていく場合、化粧品選びが重要です。化粧水などは「美白有効成分」が配合された「医薬部外品」や「薬用」と明記された商品を購入すると良いでしょう。「美白有効成分」とは「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果」があると厚生労働省に承認された成分です。現在承認された美白有効成分は約20種類です。効果や安全性など一定の基準を満たさないと承認されません。

ではその美白有効成分にはどのようなものがあるでしょう。大きく分けると3つになります。

 

1.シミを予防する

アルブチン・トラネキサム酸・ルシノール・コウジ酸・プラセンタエキス・エラグ酸・ビタミンCエチルなど。メラニンの生成を抑える効果があり、新しくシミができるのを防ぎます。

 

2.シミを薄くするもの

ビタミンCエチル

メラニンの色素を白くしてシミを薄くします。またハイドロキノンもシミを薄くする効果が高いですが、肌への刺激が強いため厚生労働省からは2%までの配合しか認められていません。

 

3.シミを排出するもの

リノール酸S・4MSKなど。肌のターンオーバーを促し、メラニンを排出します。自分の肌の状態や目的に合った成分が入った美白化粧品を選ぶようにしください

 

 

【日焼け止め】
シミケアに欠かせないアイテムと言えば日焼け止めです。シミの予防や、これ以上濃くしないためにも日焼け止めの使用は欠かせません。化粧下地やファンデーションに紫外線をカットする成分が入っているから日焼け止めは使用しないという人もいますが、最近の紫外線は強く、よりシミのない肌を目指すのであれば日焼け止め単体での使用をオススメします。

 

また紫外線は1年中降り注いでいます。冬の時期や雨や曇りの日も例外ではなく、さらに家の中にいても窓を突き抜けて入ってきた紫外線、蛍光灯などから降り注ぐ紫外線を私たちは浴びています。365日外出しない日でも化粧水や乳液と同じようにスキンケアの一環として日焼け止めを塗りたいところです。

 

【日焼け止めを選ぶポイント】
一概に日焼け止めと言ってもさまざまなタイプがあり、どれを使えば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。ここでは用途や生活シーンにより選ぶポイントを紹介するので、参考にしてください。

 

SPF

数値が高いほど防御力が高く、最高値は50です。SPFはUV-Bに対する効果です。UV-Bとは肌の表面の「表皮」に影響する紫外線で、浴びると炎症を引き起こします。シミやそばかすの原因にもなります。

 

PA

+で表され4段階まであります。PAはUV-Aに対する効果です。肌をすぐに黒くし、UV-Bに対してより肌の奥まで届く上、窓ガラスなども突き抜ける強い紫外線です。「表皮」の奥の「真皮」と呼ばれる部分まで届き、コラーゲンにもダメージを与えます。シミだけでなくたるみやシワを引き起こします。

  • 通勤・通学時や近所への買い物などの日常生活では SPF10~20 PA++
  • 屋外でのスポーツなどは SPF30以上 PA+++
  • 真夏の炎天下でのスポーツなどは SPF50 PA++++

 

まとめ

シミケアは非常に根気が入りますが、適切なケア成分や用途に叶うアイテムをうまく使うことで薄くし、予防することは可能です。1日でも早くシミの悩みから解放されるため、アイテムをよく見極めて使うようにすると良いでしょう。

-ニュース
-,

© 2021 しみケア★ブログ Powered by AFFINGER5