ニュース

日本の星 大谷翔平華やかな成績の裏にはどのような努力が?徹底的に解明!

<リード>今回は二刀流で名を世界に轟かせた日本の星大谷翔平選手について紹介していきます。日本で彼を知らない人はいないほど有名且つ人気な野球選手の一人ですよね。そんな大谷翔平選手の活躍やその経緯など徹底的に大谷翔平選手を解明していきます。是非大谷選手の名前走っているよっていう方や大谷選手のファンの方でも誰にでもわかりやすく紹介していきますので最後までお読みいただけると嬉しいです。
では早速大谷選手の生まれや幼少の時代から説明していきます。

<大谷翔平選手の幼少時代>
大谷翔平選手は1994年7月5日に社会人野球の選手だった父とバドミントンの選手の母の間に生まれます。両親ともにスポーツ選手でスポーツ一家に三人兄弟の末っ子として生まれることになります。
小学3年生に水沢リトルリーグという野球チームに所属することになります。小学五年生にして球速110km/hを記録、1試合6回で17奪三振を記録するなど当時から非凡な成績を残しています。
中学生の間も水沢リトルリーグでの野球生活を送ります。

<高校時代>
今やメジャーリーガーの菊池雄星選手に憧れ花巻東高校に進学することになります。高校に入学する時には日本一になる、日本人投手での最速球速を出すなどレベルの高い目標を掲げていたとのことです。
大谷翔平選手自身、花巻東高校での寮生活はいい環境であり自分自身が精神的にも肉体的にも大きく変わるきっかけになったと後に語っています。
気になる高校時代の実績ですが早速紹介していきます。
高校一年春は4番レフトとして公式戦に出場します。一年秋からエースを務め、最速147km/hを記録します。2年春には最速151kmを記録するなどメディアから注目を集めることになります。
3年の直前の試合では藤浪率いる大阪桐蔭相手に5回2安打無失点6奪三振の好投を見せ、相手エースの藤浪からホームランを打ちます。投手としても野手としても大活躍しました。着実に投手、野手どちらともの実力をつけ、大谷翔平その名を世間に轟かせます。
3年生の夏岩手県大会の準決勝ではその当時アマチュア野球史上初の160km/hを記録します。しかし、同大会の決勝では15奪三振と好投を見せるも5失点を喫し高校最後の甲子園出場は叶いませんでした。
プロ野球ドラフト会議前にはNPBだけでなくMLBからも注目をされ、大谷翔平選手自身はメジャーへの挑戦を表明します。しかし、北海道日本ファイターズはドラフトで大谷翔平選手を指名、何度も交渉を重ねるごとに二刀流として出場させることを条件にダルビッシュ有選手が着用していた背番号11を背負うことになります。

<NPB、北海道ファイターズ時代>
2013年の春季キャンプでは投手、野手二つの練習を並行して行い、二月途中から一軍に昇格します。高卒新人ながら複数安打や複数勝利を記録します。
練習中のフリー打撃にて打球が右のこめかみに直撃し、右頬骨不完全骨折と診断されるも三日後のロッテマリーンズ選にて大谷智久選手から自身初となる代打ホームラン、本拠地初ホームラン、に試合連続ホームランとなる2号ホームランを打ちました。
2014年には史上最速の160km/hやプロ入り初完封など投手として活躍します。
2016年にも史上最速の165km/hを記録します。国内で大きくニュースになったのをみた人も多いのではないでしょうか。

<MLB、ロサンゼルスエンゼル時代>
2017年に正式にロサンゼルスエンゼルスと契約を結び、メジャーリーガーとなります。背番号は17を背負います。
翌年の2018年には4勝22ホームランとア・リーグの新人王に選ばれます。
2020年に二刀流がルール上定義され、大谷選手はMLB初の二刀流適用選手となりました。
2021年は投手としては9勝156奪三振、野手としては2割5分以上46本塁打を記録し世界中に名を轟かせる大進撃の一年でした。その功績からアメリカンリーグ最優秀選手に史上19人目の満票で選出されました。その他にもシルバースラッガー賞やエドガー・マルティネス賞など数々の表彰を受けています。日本の国民栄誉賞に選出されるも、大谷選手自身から辞退をします。

<まとめ>
以上日本の星大谷翔平選手を紹介していきました。大谷翔平選手の生まれから現在までを徹底的に紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。この記事を読んで大谷翔平選手に今まで以上に興味が湧いたのではないでしょうか。来年は今年以上の飛躍を期待しています。最後までお読みいただきありがとうございました。

-ニュース

© 2022 食材宅配ガイト Powered by AFFINGER5